ブックタイトル第一工業 総合カタログVol.14

ページ
35/228

このページは 第一工業 総合カタログVol.14 の電子ブックに掲載されている35ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

概要

第一工業 総合カタログVol.14

可動式S Sデスク・チェアの特長■単純明快な構造とカタチの中にも、使いやすさと安全性の工夫が詰まっています。索引間伐材利用一般教室軽量シリーズE可動式机・いすA固定式机・いすCBABC講義机連結机教室備品いす美術室音楽室DDメディア/コンピュータ室ABCD理科実験室調理実習室被服実習室技術/工作台裏面断面スツール側板端部は強度と安全性を高めるため、折り曲げ加工をしています。安全な袋ナットを脚部に溶接することでナットの紛失を防ぎ、緩みを軽減する座金組込みボルトをレンチ1本で高さ調節することができます。高さ調節時の目安となるように、JISに準じた号数とボルトを回す向きを側板に刻印しています。ネジ止めしなくてもキャップが外れにくいボス圧入方式を採用しています。多目的スペースランチルーム図書室/ラーニングコモンズEダイイチのリベットなら、廃棄時に簡単に分別できます。工具で外せる特殊リベット(Dリベット)の採用により、イスの背・座板がフレームから外しやすくなりました。Dリベット専用工具を使用すると、更に作業が楽になります。Dリベット専用工具特別支援事務デスク・チェア書庫・金庫・ロッカー校長室/応接・ロビー保健室/相談室会議テーブル・チェア講堂・体育館・屋外備品使い終わった机イスは、分別廃棄で再生へ!フレームに使用している鉄は溶解して再び鉄材として使用されます。樹脂部材は再生性の高いオレフィン系樹脂を使用。粉砕しリサイクルされます。机の甲板やイスの背・座板は、木質材や熱源として再生利用されます。玄関・昇降口黒板印刷室・倉庫学童保育収納33